忍者ブログ
HOME > ドクトルのCAW話の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
SVR(エキプロ)シリーズで架空女子プロ団体を運営してる管理人「ドクトル」のブログです
■カテゴリ「ドクトルのCAW話」の記事一覧

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドクトルです。

相変わらずWWE’13のクリエイトをいじってます。
新要素(もしかしたらWWE’12ですでに実装済みだったのかもしれないけど)があったりして、これをどのように扱うかなど、いろいろ思案しています。
しかしここにきて、覚悟はしていたんですが、クリエイト面で壁が立ちふさがりました。


現時点でROSEキャラにマスクウーマンは出ておりませんが(モブとしてなら登場してる。簡素なデザインですが)、マスクウーマンを作るのに「これは・・・」と頭を抱えるような仕様がありました。
SVR2011からレイヤーがグループ化できてたんですが、マスクはマスク、フェイスペイントはHEADパーツでまとめられてしまったのです。
そして、重なり順が固定されているのです。

過去作のSVRですと、マスクの上にもフェイスペイントが重ねられるので、マスクデザインとフェイスペイントを組み合わせて、自由度の高いマスクがクリエイトできてました。
ですが、重なり順が固定され、フェイスペイントの上にマスクが重なるような仕様だと、そういった工夫ができなくなるわけです。
また、SVR2011以降、マスクを被ると髪パーツが自動的に消えてしまう仕様が健在で(一部マスクパーツを除く)これもまた頭を悩ませています。
私がSVR2011を購入していながら見切りをつけてしまった理由の1つが、このマスクパーツの改悪にありました。
かくなる上は、マスクパーツを使わずにデザインパーツとフェイスペイントを組み合わせてマスクを作るしかないのかな・・・と考えました。



他にもありました。
これはMOVE(技)の面ですが、追加された技がある一方で、無くなってしまった技もあります。
リッキー・スティムボートのドラゴンスペシャル、またはジミー・スヌーカのサモアンスペシャルとか。
ラ・マヒストラルやバックスライドなどの丸め込み技、ハリケーンラナのバリエーションの減少、などなどです。

特にサモアンスペシャルは、ROSEキャラの『ジェーン』に装備させていた技です。
この技があったからこそジェーンというキャラが生まれたといっても過言ではなく、どうしようかと悩んでいます。
この技だけは外したくなかったんですが、元々WWE’13に存在していない以上どうしようもない。
たぶん、ですが・・・ロープグロッキーリープフロッグフライングバックエルボー(LEAPFLOG FLYING BACK ELBOW)に、バックチョップ(BACK-CHOP)をハイライトリールで組み合わせて編集するんじゃないかなぁと考えてます。

ん~~~、DLCにこれらの技があるんでしょうか?
実は、まだDLCを導入していないんです(汗)
仕様がよくわからんのでXbox Liveを利用していなかったりして。



他にもいろいろと壁が立ちはだかっているので、なんとかして乗り切らないとROSEシリーズをWWE'13に移行できません。
しばらく悪戦苦闘が続くと思います。


今回はここまで

拍手[2回]

PR
ドクトルです。

『WWE’13』ですが、だんだんとクリエイトの仕様がわかってきたような気がしてきてる、今日この頃です。
ROSEシリーズも、それまでのSVR2010からWWE’13への移行ができるかもしれない・・・そんな手ごたえを感じてきてます。

でも、移行する場合・・・
SVR2010には存在してたのに、それ以降の作品では消滅してる髪型やコスチュームパーツがあるので、コスチュームに大きな変更をしなければならないケースが出てきます。


実は、昨年の秋ごろに作ってた新コスチューム・・・
いずれお披露目しようかなと準備してたものが、WWE’13では「そのままには作れない」というものが出てきちゃいまして・・・

ROSE動画の第8回分はSVR2010で作成中なんですが、それ以降の回でWWE’13に移行した場合、このままだとせっかく準備していた新コスチュームがお蔵入りになってしまうのが出てきちゃったんです。

ただお蔵入りにするのももったいないので、ひとまずここでお披露目しちゃいます。
WWE’13では少しアレンジして作り直すかもしれませんけどね。






腰布を巻いたスパッツのようなパーツがSVR2010にはあったんですけど、WWE’13では無くなってるんですねぇ。残念。
画像では、スパッツの上に肌色のデザインパーツを貼り付けて、無理やりパンツ状態に作ってるんですが。



ちなみに、WWE’13でのROSEキャラは、まだ数人しかできていません。
これらについても、後でお披露目しようかなと思ってます。

今回はここまで

拍手[2回]

ドクトルです。
今日は聖なるクリスマスですが、そんなのとは関係なくエキプロしてます。(いいんか、それでw)

さて、前回は相互リンク先の「LUCIFER'S CUSTOM」様のオリジナルキャラを2人作らせていただきましたが、今回はその続きです。
どこまで続くかは知りませんけど(笑)



【スカアハ】
るし様曰く「説教ババァ」のスカアハです。
今回もイラスト版を元に作ってみました。


るし様のCAWの中でも、肌の露出率の高いキャラです。
前回の私は、キワドイ画像になることにビビっていましたけど…
何も「もろ出し」するわけじゃないんだし、ちゃんと「穿いている」のだし、
「神経質になる事もないわな~☆」と開き直って、元のイメージにできる限り近づけてみました。

ただ、作るのは前回の2人よりタイヘンでした。
下着(下半身)を何をベースにするかだけで、何度もトライしてはボツを繰り返しました。
さすがに完全再現はムリでしたが、Tバックにするにはこれ以外方法が無かったのかな、と思います。
露出範囲の広いコスチュームは、生み出すまでが苦行ですね~☆

(コーナーから攻撃を狙うスカアハ)


これですもん(笑)
レイヤー数の多いXBOX360版だからこそナントカ作れたわけで…
もしPS3だったら、レイヤー数をどうやって節約するか、もっと考えなければならなくなる。
PS3版でいろいろなCAWを作っている職人様には、本当に頭が下がります。


(足や腕のベルトも可能な限り再現)

足のベルトは黒いロゴパーツと、肌色のロゴパーツを交互に貼って、「ベルトのように」見せています。
ただ、ロゴパーツだと最大まで大きくしても「綺麗に足を1周してくれない」仕様のため、前側と後側とで2枚ずつ必要になるため、これだけでレイヤーが20近くも使用してしまいました。

腕のベルトも同様の方法で使ってイラスト版の再現を目指そうとしたんですが、残りレイヤー数の関係で断念。
アームアクセサリーに肌色のロゴパーツを貼り付けて作りました。
ここだけが私的に悔いが残ってます。

帽子はソンブレロ(メキシコ風の帽子)を真っ黒にして使ってます。
これ以外にイメージに近い帽子が見つからなかった(汗)


(急角度のブレーンバスターで叩きつける!)

スカアハに限らず、るし様のCAWが、どんな技が得意なのか情報が無いので(ルシファーを除いて)、
適当にサンプルなどの技セットを実装させてます。

実は、前回と今回の記事タイトル「るしかすSMACKDOWN!vs ROSE」には、我ながら心が躍っています。
と、言うのも…

ディスプレイ上で、エキプロ職人同士のCAWがクロスオーバーしているわけです。
今回は撮影用としてウチの「弓岡アオイ」と絡ませていますが、がっちり技を実装させられるならばCOM同士戦わせてじっくり観戦したくなりました。
もともと私はファイプロでも、架空団体を脳内で作ってエディットしたレスラーをCOM対戦で試合させてそれを観戦するだけ~という楽しみ方をしていたので、その時の「熱」が蘇ってきちゃいました。

まぁ、これについては…るし様にお伺いたてなきゃならないし、ハードの違いの問題(PS3と箱360)もありますし。
オンラインで直接対戦しちゃえばいいんですけどね。
あれ? オンライン対戦でロゴパーツ貼りまくったCAWって使えたんでしたっけ?
実は一度もオンライン対戦やってないんです(苦笑)

(雪崩式サイドバスターが炸裂!)

るし様の他にもネット上には、オリジナルのCAWの架空団体を公開されている職人様もおります。
すでにオンラインで対戦されているユーザーもいるのでしょうねぇ。
私も乗り出してみるべき…かな?
エキプロ以外ならばオンラインでCOOPやったりはしてるんですが。

(スカアハのビッグブーツ!)

ううむ。改めて見ると…
ここまで露出度の高いCAW作ったのは、クイーンズブレイドのキャラ以来かもしれない。
アオイだってビキニだから、露出度は高いほうですけどね(笑)


と、いうわけで…今回はスカアハを作ってみました。
イラストを描いて、歴代エキプロでその都度CAWを作ってる「るし様」には本当に頭が下がります。
まだまだ私も甘いですねぇ。もっと精進せねば。

とりあえずは「ROSE」の次回動画のアップを急がないと。
じわじわとは作っているんですが、年内に間に合うかなぁ。
今年は年末~正月休みがあるんですが、エキプロで終わってしまうかも…

まぁ、それはそれでいいや!
どうせクリスマスも関係ない自分なんだし(爆)

拍手[1回]

[1]  [2]  [3
ROSE IMPACT!! ドクトルのCAW話 Produced by ドクトル
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com